水没艇の復旧作業をお見せします オイル交換編

~前回までのあらすじ~ 前回のブログ

SEA-DOO 2009年モデルの水没艇復旧作業の一例をお見せしました。

エンジンオイル・燃焼室・吸気側(インマニ)と、水没時に混入した水抜き作業を

していったが、果たしてこれでエンジンは掛かるのか?

そして、水没した原因も気になるところ・・ 疑問の残る水没復旧作業、後半戦スタートです。

 

水抜き作業を終え、部品を元に戻し、新品のエンジンオイルを入れ、エンジンを始動させるところからですね

 

前回の水抜き作業により、無事エンジンは始動しました!

これでエンジンが始動しないとなると、エンジン内部、はたまた電気系統・センサー類がイカレたか、

いずれにせよ作業者が、ざわざわし始めます

 

エンジン始動後のエンジンオイルを見てみると、オイルと水が混ざり乳化しています

まだエンジン内の水が抜け切れてないという事ですね。

 

水を抜け切るには、エンジンオイルを何回か繰り返して乳化オイルを正常な色まで戻す方法が有ります

それか、場合によってはエンジン脱着して灯油洗浄などで部品を清掃する方法もあります。

今回は、オイル交換を繰り返して乳化オイルを正常まで戻していきますが、

どれくらいオイル交換が必要なのでしょう?

 

色の変化とともにお伝えすると

オイル交換1~3回くらいは「ミルクティー」に近い色?

 

オイル交換4~5回あたりで白濁色が薄まり「カフェオレ」になります

 

オイル交換6~8回あたりで透明度が増してきて「レモンティ-」と変化していきました。

新品のエンジンオイルの色に近づいてきましたが、今回はオイル交換8回!!行っています

 

これで、水没したエンジンはひとまず大丈夫そうですね。

しかし、そもそもなぜ水没してしまったのでしょうか?

原因の特定が重要ですよね

 

 

さっきからフラッシングしてる時、

鼻に付くニオイと目も少し痛くなっ・・・

これはッ!!?

 

~to be continued~

 m(__)m

 

 

 

日本最大級の在庫量!!ネオスポーツ

鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)