ULTRA 310R完売間近!人気の秘密・・・!

Kawasaki(カワサキ)の2017年モデル ULTRA 310Rが完売間近となりました!このULTRA 310RはULTRA 310シリーズの中でもスポーツモデルに位置づけされ、通常のULTRA 310シリーズとは異なる箇所がいくつかあり人気を高めていますので、その人気の秘密を探ってみましょう!

 

①バーハンドルを標準装備

ULTRA 310Rの最大の魅力は、バーハンドルが標準で装備されています。このバーハンドルですが、ULTRAシリーズはステアリングを交換するだけでガラッと印象が変わります!そんなステアリングも、交換しようとするとマウントからハンドルバー、グリップやアクセルレバーなど、全てを交換すると意外と高額になり予算の都合で諦める事も・・・ULTRA 310Rを購入すればそんな悩みから解放されます!さらに通常でも12ポジション、更にオプションのハンドルホルダーを使用した場合18ポジションのステアリングポジションの設定が可能です!


②スポーツシートには滑りにくいシート表皮を採用

300馬力の強烈な加速時や旋回時の強烈なGからライダーをサポートしてくれるスポーツシートを採用。このスポーツシートはULTRA 310X SEにも採用されていますが、ULTRA 310Rはスポーツモデルらしく滑りにくいザラザラな表皮になっています。この少しの差が、スポーツライディングをより一層高めてくれます。


③カワサキの象徴「ライムグリーン」のカラーリング

カワサキと言えば「ライムグリーン」というほど人気のカラーリング!このライムグリーンのカラーリング、実は不運を象徴する誰もが避けるカラーだったんです。しかしカワサキはあえてこのライムグリーンにする事で、常に挑戦者である事を表していたのです!それから長い間、カワサキのイメージカラーとして定着したライムグリーンのカラーリングを施したULTRA 310Rはまさにメーカーの珠玉のモデルと言っても過言ではないでしょう!


2018年モデルはフロントカウルがホワイトに変更となりますので、ライムグリーンをご希望の方はお早目にお問い合わせ下さい!

 

ULTRA 310Rの詳細はこちら!

 

はっとり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)