JR東海道本線・三ヶ根駅より徒歩30秒
ジェットスキー販売実績全国ナンバーワン!
ジェットのことなら誠実接客、安心アフターのネオスポーツで決まり!
お気軽にお問い合わせ下さい 0564-56-0022 (火曜定休/営業時間10:00~19:00)
ネオスポーツ
電話でのお問い合わせはこちらから 0564-56-0022 (火曜定休/営業時間10:00~19:00) メールでのお問い合わせはこちらから
      
ネオスポ免許デスク
お問い合わせ電話番号:0564-56-0022

ネオスポ免許デスク

メールでお問い合わせ
電話でお問い合わせ

HOMEネオスポ免許デスク>更新・失効・再交付・訂正

更新・失効・再交付・訂正

更新・失効日程表はこちらから
更新▼
失効▼
船舶免許は5年ごとに更新手続きが必要です。
更新手続き期間は免許証の有効期限より、1年前から可能ですが更新手続き期間内で、いつ更新しても次回有効期限は今の有効期限から5年後となります。
更新するには講習機関の行う更新講習を受講する必要があります。
船舶免許の有効期限が過ぎている場合は失効講習を受ければ5年の有効期限となり船舶を操縦することが出来ます。

費用

オンライン決済SPIKE(スパイク)を利用してます。
一律 ¥10,800 一律 ¥17,280

所要時間

所要時間: 約1.5時間 所要時間:約3時間

免許交付まで

受講日から1週間前後で交付されます。

取得までのスケジュール(参考例)

取得までのスケジュール(更新)
取得までのスケジュール(更新)
取得までのスケジュール(失効)
取得までのスケジュール(失効)

必要書類

船舶免許更新・失効の必要書類

受講資格

視力 両眼とも0.5以上(メガネ、コンタクトレンズの使用可)
※一眼の視力が0.5未満の場合、他眼の視野が150度以上、かつ視力が0.5以上であること。
色覚

夜間において船舶の灯火の色を識別できること。
※灯火の色が識別できない場合は、日の出から日没までの間において航路標識の彩色を識別出来れば航行する時間帯が限定された免許が取得できます。

聴力 5m以上の距離で話声語の弁別(普通の会話)ができること。(補聴器可)
※話声語の弁別ができない場合であっても、5mの距離において70.5デシベルの汽笛音の弁別ができること。
疾病及び
身体機能の障害
軽症で業務に支障がないこと。
※身体機能の障害があった場合でも、その障害の程度に応じた補助手段を講ずることにより勤務に支障がなければ、船舶の設備や航行の目的を限定した免許を取得することができます。
更新・失効日程表はこちらから
更新お知らせ君

再交付・訂正


再交付 訂正 再交付+訂正
どんな時に 船舶免許を紛失滅失した場合に再発行します。 住居移転や結婚などで氏名が変更など本籍・氏名・住所変更があった場合、書換できます。 再交付・訂正を同時で行うことができます。
費用 ¥6,700 ¥6,700 ¥6,700
所要時間 書類の手続きのみで交付することができますので講習はありません。
免許交付まで 書類の手続き日より1週間後には交付されます。
更新・失効と同時の場合 免許更新・失効を同時に行うことが出来ます。その場合の費用は更新・失効講習の費用となり再交付・訂正の費用はかかりません。
必要書類

船舶免許更新・失効の必要書類

お問い合わせ
お問い合わせ電話番号:0564-56-0022
メールでのお問い合わせはこちら