ネオスポーツ
電話でのお問い合わせはこちらから 0564-56-0022 (月・火曜定休/営業時間10:00~19:00) メールでのお問い合わせはこちらから
      

HOME > お役立ち講座 >  > トレーラーvsマリーナ保管!1年間の維持費は?

トレーラーvsマリーナ保管!1年間の維持費は?

ジェットスキーを購入して遊ぶためには

ジェット本体のことだけではなく、置く場所や運ぶ方法等を考えなくてはいけません。

 

大きく分けるとトレーラーに乗せて自宅で保管をするか

マリーナに預けるかの2つの方法があります

 

トレーラーを買った場合とマリーナに預けた場合

それぞれの維持費やどちらがお得かなどをご説明していきます!

 

○トレーラーの維持費

トレーラーは車両扱いなので、車検を受けなければなりません。

最近主流の普通トレーラーでご説明します。

 

このように普通トレーラーは初年度のみ2年間有効。その後は毎年車検が必要となります。(36,000円~38,000円)

また、車両と同じなので自動車税(約5,500円)がかかります。

 

■普通トレーラーを6年所有した場合■

36,000円(1年目)+36,000円×4年+自動車税5,500円×5年=207,500円
➡1年間の維持費は約35,000円になります

 

 

○マリーナ保管の維持費

 

トレーラーで自宅に保管するのではなく、マリーナに預けるという選択肢もあります。

保管料はマリーナごとに違いますが、蒲郡にあるウエストラグーンというマリーナの場合

初年度に必要になる入会金(32,400円)と1年分の保管料がかかります

 

■マリーナで6年屋外保管した場合■

32,400円(入会金)+86,400円(屋外保管料)×6年=550,800円
➡1年間の維持費は約91,800円になります     

➡ウエストラグーンってどんなところ?

 

 

年間維持費だけを見るとマリーナ保管の場合が圧倒的に高いですが、トレーラー購入の場合は
初期投資やトレーラーのメンテナンスにお金がかかってしまうことも…。
トレーラー購入・マリーナ保管のどちらにどんなメリット・デメリットがあるのか詳しく説明していきます!

 

◎トレーラーを購入した場合

■メリット■

・日本全国どこへでも牽引して行く事ができる

・高額なマリーナ保管料を支払う事が無いので
ランニングコストが抑えられる

 

 

■デメリット■

・牽引して走行する為、運転に気を遣い疲れる

・駐車場を借りる場合、賃貸料が発生する

・高速道路を使用する際
普通車で牽引すると中型車の高速料金となる

 

 

◎マリーナに保管した場合

■メリット■

・ジェットを牽引しないので、車の運転が楽

・場所によっては公共交通機関が使用できる

・セキュリティー対策されているので
自宅保管に比べ、盗難の心配が軽減される

 

■デメリット■

・保管料がトレーラー保管に比べ高額になる

・同じゲレンデしか遊べない