油圧低下の原因は?あれがつぶれていた!!

SEADOOで走行中にオイルの警告ランプが点灯して警告音がなる。その後エンジンの回転が上がらなくなってしまった。そのような修理依頼でした。

 

エンジンオイルの油圧が正常値か計ってみます。

アイドリング時は問題がなさそうです。しかしエンジンの回転を上げると値が低くなり異常値まで落ち込んでしまいました。

 

油圧が上がらない原因をいくつか考えてみます。

そのなかで簡単にできる所から一つずつ点検していきます。

 

まずはエンジンオイル

量は適正、粘度はあるが色が濃く汚れているのが気になる。

次にオイルフィルター

取外してみると、なぜかフィルターが潰れている。もしかしたら油圧が上がらない原因はこれか?

この材質のフィルターは水分で濡れると目詰まりして正常にオイルが回らなくなることがあります。目詰まりしているところに油圧がかかるので潰れることも。

油圧が上がらない原因はこのオイルフィルターか?

新しいフィルターと水分の混ざった可能性のあるエンジンオイルを交換します。

交換後に油圧を測ってみるとアイドリング時、回転を上げた時ともに正常値に戻りました。

 

でもここで疑問が??

フィルターが潰れた原因が水分だとすると、エンジンオイルに水分が混ざってしまったのか?どこから混ざったのか?

まだ原因追及が必要ですね。実はあれこれ見てみると、なぜエンジンオイルに水分が混ざったたのか、それとエンジンオイルの色が濃く汚れていた原因もわかりました。

じっくりと見てみないと見落とすことがありますね。

 

ネオスポーツホームページはこちら

 

サービス担当 こんどう