SEA-DOO艇 GTX-LTDIS260 警告発生!吸気温度センサー


SEA-DOO艇 GTX-LTDIS260 2015年モデル

症状・状態


・エンジンを始動すると警告が発生した。

・エンジン回転も制御されているような・・不安定

・故障履歴では吸気温度に関する内容が残っていた。

 

 


検証:吸気温度80℃オーバー?

吸気温度センサー交換


故障履歴からは、吸気温度についての説明がありました。

試しにエンジン始動直後の計器類を見ていると・・☟

吸気温度82度!

通常だと外気温に近い数値が出るかと思います。

 

ちなみに作業日は12月初旬の気温は18℃くらいでした。にしてもちょっと異常な数値ですね。

では吸気温度センサーを付け替えて確認してみます☟

 

この艇はサスペンションモデルですが、センサー交換の際、

部品を外さずにギリギリ手が届くかどうかの場所です。
ですが他の点検もかねてここまでの状態にしときたいですね☟

 

吸気温度センサーは上から見ると矢印の辺り☟

インテークマニホールドに設置されています。

 

外した吸気温度センサーです☟

少し塩気などありますが、センサー類は基本見た目では判断できないですね。

 

この吸気温度センサーをちょっと調べてみると・・

温度に応じて抵抗値が変化するサーミスターが使われていますが、その中でもNTCタイプ(負の温度係数)のセンサーのようです。

 

NTCタイプは温度が上昇するにつれて、抵抗値が小さくなっていきます。

仕組みとしては、その抵抗値の信号をECUが読み取り

異常な数値なら今回のように警告が発生する事になります。

 

 

新品との比較です☟

本題に戻って早速付け替えてみたところ・・症状は改善されました。

 

実際に数値を確認してみても・・14℃ いい感じです。

 


結果:吸気温度センサー交換


9.吸気温度センサー ¥5,159

10.THRUST WASHER ¥1,991

※吸気温度センサーはSCとNAで品番が異なります!

ネオネットマリン純正部品 税込/2020年現在

 


実は吸気系センサーは合体していた!?


こちら☟は2016年モデルのRXTの吸気温度センサーです。

形状が変化しているのが分かると思います。

 

この形状のセンサーはSCモデルでは2016年以降から、

NAモデルでは2018年以降から変更しています。

 

実はこのセンサーは、今までの吸気温度センサーと吸気圧センサーを合体して

1つのセンサーとなったものです☟

MAPS=マニホールド気圧センサー

MATS=マニホールド温度センサー

MATPS=マニホールド絶対圧および温度センサー

 

まだ合体したMATPSセンサーを交換した事例はありませんが、

何と言っても、金額も¥22,000近くする高額なセンサーとなっています・・

 

このセンサーを掘り下げていませんが、修理ブログとして取り扱う日が来るのか、

経過を待ちましょう。

 
 

引き続き、随時サービスブログをアップしていきます✌

気になった方は、上の案内にある読者になって新着ブログをチェックしましょう!