エンジン分解 謎のQRコードを発見しました

朝からヤマハ艇のエンジンを分解していました。
しかしホンットにヤマハは部品がカッチカッチやぞ!(共感してくれる人いますか?笑)
 

さておき、その中でオモシロイものを発見したのでご紹介しますね。
まずはこの画像から・・・

 

ズーム

 

またズーム

 

・・・まじか!?

 

実はシリンダーブロックにも・・

 

比較的年式の新しいエンジンにはQRコードが付くようになったのか?

 

期待を込めて私なりに推理してみると、

このコードの先には部品情報が詳しく記載されたページに飛んで、わざわざ分解図で探さなくても品番や金額がすぐに分かるようになっているのでないか?・・・

とか、

ヤマハ艇だと、コンロッドやクランクのメタルが色分けされ複数種類が有るので、どれを注文すればいいのかすぐに分かる情報が記載されている・・・とか考えると楽しくなってきたので、、

 

早速コードを読み取ってみました。

 

これだけ。リンク先もなしです。

おそらく一行目の一部の数字は、部品に打刻されていた部品・製造番号?のような気がします。

後は分かりません。

 

答え メーカーの方にしか分からない暗号とします。
 
ちなみに、あとで聞いた話では
万一製品に不具合があった場合などに、「いつ・どこで・どの製品が」など原因元を追跡出来るようなシステムとなっているみたいですね。これがホントの答えかな
 
まぁ私にとっては、よう分からない暗号で変わりないですけど(笑)
一つ勉強になりました。