それって吹け上がりは良い?悪い?

9月に突入しました。

7月、8月と終わらない修理をひたすら見てきましたが、ここにきて2つの修理が入ってきました。

 

ズバリ、

吹け上がりは良いが、加速・最高速が悪くなった!

というジェットと・・・

 

吹け上がりが悪い・加速も悪い!

というジェット。

どちらも具合は悪いんです。

 

この場合、吹け上がりが良いのか、悪いのか?の違いですが、これがトラブルシューティングする上での、重要な分岐点となっています。枝分かれした無数にある不具合を、最初の入りで間違えると中々ゴールまで到達できなかったりします

 

つまり、何が言いたいかというと、最初の症状を確認したオーナーの証言はとても重要なんですね。

しつこく聞く事があったら申し訳ないです(笑)

 

話は戻りますが、吹け上がりは良いが、加速・最高速が悪くなった!というジェット。

 

オーナー曰く、吹け上がりは良いので、アクセルを握った時のエンジン回転数に対してスピードが遅くなってしまっているそうです。

 

こういった話を基に点検をして、見つけた不具合箇所は・・・

ポンプです。

 

この場合、異物か何かを吸い込んでしまって、ウェアリングが削れてしまったのが原因です。

その時、ポンプ音にも異音がすれば内部のベアリングやシールも悪いかもしれませんね。

 

 

そして次に、吹け上がりが悪い・加速も悪い!というジェット。

 

オーナー曰く、アイドリング時のエンジン回転数も少し不安定で、アクセルを握ると3000~4000回転くらいしか上がらない、エンストする時もあるそうです。

 

こういった話を基に点検をして、見つけた不具合箇所は・・・

スロットルボディでした。

 

エンジンに送る空気量を調整している部品です。

ただ、そもそもの原因として、塩害でインタークーラーに穴が開いたことで、スロットルボディも塩害に侵されてしまいました。

 

※これまで紹介した不具合は、無数ある可能性のあくまで一部です。

 

愛艇に不具合が起きてしまった場合、落ち着いてどういう状況なのか?
気付いたことなどを、メモなどに控えておくのも良いかもしれないですね。