プラグ固着で後悔しない為に、伝えたい3つの事

スパークプラグの固着!、、おそらく数か月後の保管明けのトラブルとして良く発見される不具合箇所です。

スパークプラグが固着して、最悪折れてしまうと高い修理となってしまいます・・

後悔してしまう前に、、スパークプラグを固着させない為にどうすればよかったのか考えていきましょう!

%ef%bd%8d

 

まず一つ目に、スパークプラグをマメに交換している事!が重要です

SEA-DOO艇を例にとると、最初の10時間以降のスパークプラグの交換は100時間または一年となっています。この場合、100時間ごとに交換というのは現実的ではないので、最低1年に一回プラグを脱着して点検・交換することが大切です。特に保管前にプラグを交換する事で固着するリスクはかなり減ります。この時スパークプラグに焼き付き防止等のグリスを塗るとさらに良いですね!

kkkiyu

 

2つ目にプラグホールの水の混入に気をつけておくこと!です。

これはエンジンルームの水洗い時に、イグニッションコイルの隙間から水が浸入してしまうケースも有ります。 またシートによっては雨水や海水がイグニッションコイルの頭上に落ちてくるケースもあります。水洗い時にはプラグ付近に水圧を強くして当てない事、また走行時や外の保管の場合、エンジンカバーを付けるようにすると良いですね!

またプラグホールの水を保管中まで残しておかないように保管前に一度、点検することも大切です。

bgb

 

3つ目は乗り終わった後のフラッシングを怠らない事!です

特に海水使用の場合は、出来るだけ塩気を取り除けるようにしたいところです。保管前のフラッシングはソルトアウェイを使用するのがオススメです

あとはウォーターボックスからの湿気や蒸気の逆流防止の為、最後の空ぶかしも行うと良いです!※やり過ぎには気をつけてください

p5090118

 

こんなところでしょうか!

ただ少し不安だなーという方、ご安心ください。

ネオスポーツの冬季メンテナンスならスパークプラグの固着対策は万全です!

img_8203

鈴木