桜マーク付きで違反!?ライフジャケット購入時に絶対気を付けるべき点

1月ももう終わりに近づき…

2月になると、ついにライフジャケット着用義務拡大がスタートしますね

 

くわし~く知りたい!!と言う人は国土交通省のこちらのページをご覧ください

 

なんでも巷では、このライフジャケット着用義務拡大のおかけで

桜マーク入りのライフジャケットが飛ぶように売れていて大変なんだとか?(笑)

 

ですがみなさん、知ってますか?

桜マークが入っていても、違反になってしまうライフジャケット

が存在しているという事実を!!

『マークさえ入ってればいいんだし、激安のやつでいいや~』なんて

やっすいライフジャケット買うと、後で大変な目にあうかもしれませんよ?

 

詳しくご説明しますね

こちらは国土交通省のHPにある法定備品として搭載できるライフジャケットの種類が書いてある表です

 

注目してほしいのが、赤枠で囲ったこの『ライフジャケットのタイプ』というもの

実はライフジャケットにはそれぞれタイプがあって、各船舶・各シチュエーションで

使用可能なライフジャケットのタイプが決まっているんです

 

ライフジャケットのタイプには大きく分けてA,D,F,Gの4タイプがあります

タイプAは、色がオレンジや黄色の目立つ物で、反射板・笛が備え付けられており、浮力が7.5kg以上あるものです

ちゃんと桜マークもありますね

タイプDは、タイプAの色が自由になったバージョンだと思ってください

 

次にタイプF

こちらは輸入物のライフジャケットですね

輸入品にはもちろん桜マークは付いていないので、使用はできません!

今まで通りジェットでは使えますが、釣り船等でこれ着て釣りしてたら違反ですのでご注意を!

輸入品は、ジェットスキー・ジェットボート専用という認識でいると安心ですね♪

 

そして、問題なのがGタイプのライフジャケット

Gタイプは【小型船舶用浮力補助具】というもので

笛や反射板がなく、浮力の規定も5.85kg以上と低めになっています

タイプAやDは笛・反射板が付いていて、浮力が7.5kg以上ないといけません

 

そのため、キルスイッチ&不沈性能を有する船舶で平水区域を航行する場合以外

このタイプGのライフジャケットを使うことは禁止されています

 

が、見た目がタイプAやDにそっくりな物がたくさんあり

タイプGのライフジャケットとして国交省の認定を受けているため桜マークが付いています
通販で『桜マーク付きなのにこれ安いじゃ~ん!』と、ちゃんと見ずに買ってしまうと

実はタイプGで、着用していても違反だった…なんてことになりかねません

またタイプDのものでも、沿岸区域より外に出る場合や船の種類によっては、着用していても違反になってしまいます

ライフジャケットを購入する時は、必ずタイプを確認するようにしましょう!

タイプAなら、どんな船・どんなシチュエーションにも対応でき、安全性能も一番高いと言えますので

少々高くても、しっかりしたタイプAのライフジャケットを買うようにしましょうね!

膨張式のものでも、タイプAのライフジャケットはたくさんありますよ♪♪

釣りをされる方で、今回の改正に備えて1着買わなきゃ!という場合は膨張式がオススメ

でもジェットは膨張式で大丈夫なのでしょうか…?答えは☝記事をCheckです!(笑)

 

ネオネットマリンでは、腰巻式・肩掛け式・浮力材入りタイプと

タイプAのライフジャケット各種が勢揃い中!!

ライフジャケット爆売れ中みたいですから、売切れになる前に急いで準備しましょう!

 

桜マーク入り【タイプA】ライフジャケット買うなら、品数豊富なネオネットマリンへ!!

 

違反すると、車のように点数が加算され、一定数貯まると免許停止などの罰則を受けてしまいます

今回のライフジャケットもしっかり理解をして、違反にならないように気を付けましょう!

 

更新講習を受ければ、より詳しく解説を受けられますから

更新期間に入っている人は、この機会に講習を受けて新制度について理解を深めておきましょう!!

 

更新講習はこちらから!!

 

ネオスポーツ こみね

“桜マーク付きで違反!?ライフジャケット購入時に絶対気を付けるべき点” への10件のフィードバック

  1. 名無し より:

    タイプBは、タイプAの色が自由になったバージョンだと思ってください
    ここの部分ですが、タイプDの間違いではないでしょうか?

    • NeoSports より:

      コメントありがとうございます

      打ち間違いですね、ご指摘ありがとうございます

  2. ゆうしん より:

     プレジャーボート(キャビン等なし)で平水域に出る場合、船長、同行者(いずれも大人)ともに着用努力義務はあっても、法令違反とはならないということですね。
     国交省のサイトを覗いてみますと、これが沖合で釣りをするということになると、途端に着用義務が発生すると解釈できるのですが、それで間違いありませんか?
     だとすると、小型船舶に乗る方の多くは釣りを目的としているので、努力義務だからと安心しないで、きっちり着用しなさい、ということですよね。
     

    • NeoSports より:

      コメントありがとうございます。

      法改正後から、着用努力義務というのは
      特別な場合のみの適応で基本的には着用義務となります。

      平水域であっても沖合であっても着用義務です。

  3. キーさん より:

    東京湾でアジ釣り、鯛釣り、ワラサ釣りの乗合船によく乗船するのですが、ライフジャケットFタイプ桜マーク付は許可になりますか?

    • NeoSports より:

      キー様

      コメントありがとうございます。
      タイプFのライフジャケットは、ジェットスキー等の
      不沈構造・キルスイッチを有する船のみ着用が認められますので
      乗合船の場合、不可となります。

      また、船検が無いような小さな船で航行区域制限があれば
      タイプFも認められるようですが、ご質問内容を考えてもそんな小さな船とは思えません。

      タイプAのライフジャケットを着用されるのが無難と思いますが
      一度良くご利用になられる船の船長さんに確認されることをオススメします。

  4. 石倉一子 より:

    漁船用に
    BEWAVE手動膨張式ライフジャケット 首掛け型 オーシャンLG-3型 浮力10.6gf 【新基準対応品】
    商品番号:GRP_OL-LG3この商品を考えておりますが
    11000円より値引きはできませんか?
    突然でこんなお願いしてすいませんか
    お返事お待ちしております。

    • NeoSports より:

      石倉様

      コメントありがとうございます。
      大変申し訳ありませんが、お値引き等対応は致しかねます。
      ご期待に添えず大変申し訳ありませんが
      よろしくお願い致します。

  5. 佐賀野浩二 より:

    初めまして。どうしても納得いかない事があり質問させてください。数年前から使用しているNBC認可のライフジャケットなのですが、私より後に買った物には桜マークがありますが私のには桜マークがありません。型式、型式認証番号、製造者、Aタイプと何一つ変わりありません。それであっても桜マークが無いと違反になるのでしょうか?回答宜しくお願い致します。

    • NeoSports より:

      コメントありがとうございます。

      基本的に、性能検査を受けたライフジャケットは型式で管理されているので
      型式が同じ物で桜マークがついているのであれば
      船舶検査で使用する際などは、きちんと認定品として扱われるはずです。

      ですが、桜マークは、いわゆる誰が見ても分かる指標のようなもので
      例えば釣りの乗合船の船長さんがライフジャケットを確認した場合
      桜マークがついていれば一目でわかりますが、ついていなければ認定品かどうかわかりません。

      型式上は大丈夫な物であっても、そのような理由から使用不可と判断されるかもしれません。

      また、それを使用していて違反になるかどうかは、私どもも回答を持ち合わせておりませんので
      より詳しい回答はお近くの 日本小型船舶検査機構 までお問い合わせいただきますようお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)