初乗り前にもう一度確認を!

いよいよゴールデンウィークに突入し、今シーズンのジェット初乗りという方も増えてきましたが、初乗りをする前にもう一度「法定安全備品」がジェットに搭載されているか確認をしましょう!

ジェットの法定安全備品は「信号紅炎・係船ロープ・ホイッスル・ライフジャケット」の4つです!これらの法定安全備品は、万が一の時に必要不可欠で、自分の命を守るためにとても大切です。再度、初乗りする前にジェットに搭載しているか確認をしましょう!

・信号紅炎
エンジントラブル等で救助を必要とする時にしようします。光や煙で自船の位置を知らせます。想像して下さい。広い海の上で浮かんでいるジェット・・・救助に行ってもほぼ探し出す事は不可能!そんな状況を打破してくれる大切な装備です!

信号紅炎には有効期限がありますので、期限内かも併せて確認が必要です。万が一有効期限が切れている場合は、絶対にジェットに乗らないようにしましょう!

・係船ロープ
桟橋などへ係留する際に必要となるロープです。
また係留以外にも、航行中にゴミを吸いこんでしまったり、急なエンジントラブルに見舞われ航行不能となった時、レスキュー艇に引っ張ってもらう為にも使用します。最低限、もやい結びぐらいはできるようにしましょうね!

・ホイッスル
ジェットの場合滅多に使用する事は無いと思いますが、12m未満の船舶は視界が悪い場合、2分を超えない間隔で笛を吹き、自分の存在を他の船に知らせる役割があります。ホイッスルはライフジャケットに付属している場合もあります。

・ライフジャケット
万が一落水した時に命を守るライフジャケット。JCI認定のライフジャケットで、ご自身の体形に合ったものを着用するようにしましょう!体形より大きすぎる物を着用した場合、最悪水中でライフジャケットから体が抜け落ちる事もあります。

いよいよシーズンインです。今シーズンも皆さまがルールやマナーを守って、楽しいマリンライフになりますように!!!

皆さまの安全を願っています!ネオスポーツ!

はっとり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)