KAWASAKI ULTRA系でステアリングが重い!

ステアリングが重いと「ケーブル」を一番に疑いますが

年月がたったジェットでは「ステアリングシャフト」

を疑ったほうがいいかもしれません。

これは「ULTRA-LX」のステアリングシャフト周りの部品です。

下に錆びた部品が突き出ていますが、これが「ステアリングシャフト」

本来グリスが塗られているはずなのですが・・・。

 

錆と塩で固まっていたようです。

 

ほんの少しグリスらしきものが残っています。

これらは分解して錆や塩を除去しグリスを

たっぷり塗って組み付ければ問題ないので比較的交換部品の少ない

作業です。

しかし、錆や塩害がひどい場合は分解できない可能性があるため

高額な修理となることもありますね・・・。

どのメーカーも大体このような仕組みになっています。

「そういえば、少しステアリングが重いな~!」

と感じたあなたは、ネオスポーツへご相談くださいm(__)m

 

ジーコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)