ジェットは冬に買う時代

2019年モデルが既に完売、予約しても納艇が6月過ぎ、そんな事態が起きています。

今年の冬はヤマハマリンジェットのFXシリーズが8年振りのフルモデルチェンジで注目を集めています。
8月にアメリカで発表。お客様は大いに盛り上がりました。その後11月に日本で価格が発表されてから予約が殺到し一部モデルが既に予約完売、4月発売なのに予約しても6月納艇になってしまうということが起きてしまっています。

昨年のシードゥーもそうでした。
GTXリミテッド300やRXT-X300RSについては発売した1月に予約しても6月、場合によっては7月納艇というのが実際にありました。

なぜ発売が4月なのに6月になるのか?

4月に1年分のジェットが入荷する訳ではありません。ジェットは北米で製造されておりそこから世界各国へ順に出荷されていきます。
日本には4月に何台、5月に何台、6月に何台、というスケジュールを組まれ順に入荷してきます。
そのスケジュールで入荷する分が全国の正規ディーラーに割り当てされます。しかしこの冬ヤマハはメーカーとして予約完売となったようで追加入荷はありません。

ネオスポーツも4月5月6月入荷の割り当て確定しています。それに対しお客様からの予約順に割り当てしていきます。

まさにジェットは冬に買う時代かも

既に予約完売になった2019年モデル

FXクルーザーSVHOカーボン

残り僅かなモデル

FXクルーザーSVHOブルー

FX-SVHO

FXクルーザーHOホワイト

 

次のシードゥーGTXリミテッドやRXT-X300RSの注意すべき点

注意すべき点は納艇の時期です。3モデルは発売が開始されてます。今は少数の在庫がありますが直ぐに無くなるでしょう。予約が集まれば入荷時期の影響により納艇が遅くなってしまう可能性は十分に考えられます。なんと言ってもフルモデルチェンジしてまだ2年目、人気抜群です。

ネオスポーツは新艇情報を常に更新しています。是非ご覧くださいね。

ネオスポーツ新艇情報はこちら

 

ネオスポーツ

林戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)