修理ファイルNo.4 ヤマハ艇 ポンプ異音修理

ヤマハ艇 2010年 FXC-HOの修理事例をご紹介します。

 

<症状>

・クランキングが引っかかるような重さを感じる。

・エンジン始動すると、ポンプ付近から擦れるような異音が発生。

<検証>

ポンプハウジングの脱着点検で、原因と思わしき箇所を発見☟

 

ポンプハウジング表面にインぺラとの接触跡有り

 

このハウジングはステンレスのスリーブ使用ですが、

サビが浮き出る事でインペラとのクリアランスが0になってしまったようです。

 

<結果>

・ポンプハウジング交換 (部品代25380円)

インぺラは、今回は再使用できる範囲内でした。

 

<追記>

人知れずホッとした場面。

この修理には、スピードセンサーの取付ネジの脱着が必要だが、無事ナメずに外す事が出来ました。

位置的にも塩害は避けられないような箇所ですが、こういった所でお客様の艇への愛情に助けられています。

 

ヤマハの正規販売店 ネオスポーツ

鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)