修理ファイルNo.5 SEA-DOO艇 異物吸い込み修理

SEA-DOO艇 2017年 GTI-SE155の修理事例をご紹介します。

 

<症状>

・浅瀬を走行時、ポンプから異物を吸い込んでしまい、エンジンが止まってしまった。

・お客様でインペラに挟まった小石を除去する事に成功したが、取りきれない異物もある為、そのまま修理に出されました。

 

 

<状況確認・見積もり>

ポンプ脱着点検を行い、部品の状況を確認。

 

まだ小枝がインペラに引っかかっていたようです。

プラ樹脂製のウェアリングですが、小枝を引きずった影響でインぺラクリアランス差が広がり

再使用は難しいか・・

 

小石は既に除去されていましたが、挟まっていた箇所のブレードが曲がっています。

多少のバリ等は矯正可能だが、これも難しそうです

 

ブレードの曲りは、キャビテーションの影響が特に心配されます。

キャビテーションとは・・ ←こちらをクリック

 

 

<結果>

インペラ・ウェアリングを交換させて頂きました。

 

 

 

分解図では、〇印の部品になります。

 

純正インペラ 49032円(税込)

純正ウェアリング 10260円(税込)

 

 

SEA-DOOの正規販売店 ネオスポーツ

鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)