まるでランボルギーニ スカラブ165HOインパルス

スカラブ165インパルス 2019年モデルのご紹介です。

スカラブ165には『165HOインパルス』と『165インパルス』の2種類があります。
基本的にボディーやデザインは同じなので外観で見分けることができません。

HOはハイアウトプットと言いヤマハでよく聞くHOと同じでハイパワーエンジンを意味しており『165HOインパルス』は300馬力エンジンが搭載されたモデルです。
『165インパルス』HO無しは150馬力エンジンが搭載されたモデルです。

2018年モデルと2019年モデルのボディーやデザインやスペックは全く同じで変更点はございません。
2019年モデルは260馬力エンジンから300馬力エンジンに変更、150馬力エンジンは変更がございません。

日本国内で販売された2018年はボディーカラーがグリーンのみで搭載エンジンが150馬力のみでした。
2019年の日本国内では150馬力と300馬力が搭載されそれぞれのエンジンに4カラーがすべてがラインナップされ好みを選べるのが嬉しいですね。

スカラブ165の走動画をご覧ください。この独特な走り、楽しすぎてたまりませんよ。

この小回りの効く走りは船外機タイプやドライブが付いているタイプでこのような走りはできません。
スモールサイズのジェット推進タイプのボート、ジェットボートでしかできません。
しかも16フィートサイズが発売されているメーカーはスカラブのみなのです。

16フィートのボートはけん引できるサイズなのでジェット感覚で手軽に扱うことが出来ます。ジェットからのステップアップに最適なモデルですよ。
乗り終わった後のフラッシングやボート洗いなどもジェット感覚です。

エンジンはジェットでシードゥーのエンジンですのでパーツ供給もスムーズで安心です。
写真は150馬力NA(自然吸気)エンジンです。

維持費もジェットとそんなに差はありませんね。こちらの記事に書きましたのでご覧ください

各部の写真をご覧ください。

少し話が逸れますがスカラブ165はランボルギーニをベースにてデザインされたような気がします。

次の写真と2つめの写真を見るとランボルギーニのように見えませんか。私だけでしょうか(笑)

ジェット感覚で手軽に扱える

維持費はジェットとほぼ同じ

エンジンはシードゥーでお馴染みのROTAXエンジンが安心

ランボルギーニのようなカッコイーデザイン

ジェットツーリングに欲しい1艇、スカラブ165をおすすめします。

スカラブ165HOインパルス 300馬力はこちら

スカラブ165インパルス 150馬力はこちら

 

スカラブ正規ディーラー:ネオスポーツ

林戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)