修理ファイルNo.6 カワサキ艇 排気漏れ修理

カワサキ艇 STX-15F 2008年の修理事例をご紹介します。

※数年前の事例です。思い出しながらご紹介していきますm(__)m

 

<症状>

・アイドリング回転数が不安定になり止まってしまう

・乗った後、ビルジの水が増えていた。

・エンジンルーム内が排気臭かった。

↓イメージ画像

 

<検証>

エンジン始動してみると、排気部品のシリコンカプラ(青)付近から排気漏れを感じた。

脱着してみると、シリコンカプラーが溶けていた。

エキパイの接続部の腐食により漏れた排気熱が原因だったとみられる。

 

<結果>

エキゾーストパイプ・シリコンカプラ交換(リングガスケット込)

新品との比較です↓

 

中々インパクトのある修理だったので未だに覚えています。

 

この修理に限ったことではないですが、

排気系統など高温な箇所には、海水が蒸発して塩の結晶化の速度も速いと聞きます。

特に海水使用の方は、乗り終わりのフラッシング、水洗いは入念に行いましょう。

カワサキの正規販売店 ネオスポーツ

鈴木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)