スカラブ195HOインパルス2018年モデルがオススメ

年落ちに付きとてもお買い得なスカラブ195HOインパルス2018年モデルをオススメします。

SPEC

定員:7名 全長:5.74m 全幅:2.44m 乾燥重量:1120kg 燃料タンク容量:117L 搭載エンジン:ROTAX250HP
主要装備:ウェイクタワー、ビミニトップ、オーディオシステム(Bluetooth対応)、クルーズコントロール、トレーラー(USA仕様)
メーカー希望小売価格 ¥7,538,400 (本体価格¥6,980,000+消費税)

特長

スカラブ195HOインパルスは各所のデザインや拘りがありコストダウンしていないボートと言えます。次のブログはスカラブ195HOインパルスについて書いたものです。

走行動画

スカラブ195HOインパルスの動画をご覧ください。

今の時代

今の時代、スポーツボートは船外機や船内外機タイプのようなドライブ付きのボートの人気が低く水上バイクと同じジェット推進機タイプのボート、ジェットボートがとても人気です。

ジェットボートの一般的なサイズ

昔は14フィート、15フィートがありました。今は16フィート、19フィート、21フィート、24フィート、25フィートが存在しています。将来的には27フィート以上のジェットボートもデビューするようですよ。
19フィートまでは基本的にエンジンは1基/ジェット推進機2基、21フィート以上はエンジンが2基/ジェット推進機2基が搭載されています。21フィート以上のボートはエンジンが2基積まれていますので一気に高額になります。

ジェットボートのメーカー

世界の情報はわかりませんが日本ではスカラブとヤマハの2メーカーだけです。サイズ別に比較されることがありますね。

19フィートジェットボート、ヤマハとスカラブの比較

こちらも過去に紹介したブログです。

こちらはスカラブボート(メーカー)が比較をした動画です。

19フィートのボートを選ぶのに大切なこと

19フィート(約5.7m)で乾燥重量が約1100~1200kgです。1基のエンジンでは非力だと予想する方が多いようです。なかなか比較するこができる試乗会というものが無いので難しいですね。ジェットボートなら最低200馬力以上は欲しいですね。出来れば19フィートボートで最大のパワーを選ぶことをオススメします。非力なパワーで旋回をするとストレスを感じますよ。

ヤマハとスカラブの価格差

ヤマハにもスカラブにも19フィート250馬力エンジンのモデルがあります。ヤマハに比べてスカラブの価格は約100万円ほど高いです。両方のボートの実物を見比べれば分かりますがヤマハはコストダウンされたボートと思います。

スカラブ195HO画像

 

スカラブ195HOインパルスをお得に購入するチャンス
ゴールデンウィーク間に合いますよ!!

年落ち2018年に付きディスカウント価格で販売中です。こちら

スカラブ正規ディーラー:ネオスポーツ

林戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)