修理ファイルNo.15 SEA-DOO艇 シーリングカップ交換

SEA-DOO艇 WAKE155 2014年の部品交換事例です。

 

<症状・状態>

・お客様からシーリングカップの交換依頼がありました。

※シーリングカップ・・イグニッションコイルに付いているゴムの笠状の部品。

 

・お客様曰く、シーリングカップの隙間が広がり、

エンジンルームの水洗い時に水が混入しないか気になって仕方がないようでした

 

<やっぱ混入していました>

イグニッションコイルを外したぷらぶホール内には、やはり水の混入がありました。

 

幸いにもプラグの錆・固着までにはなっていませんでしたが、

これがシーズンオフの保管前に気づかないとだいぶ厄介なことになっていた可能性有りますね

 

<新品装着>

密閉性はだいぶ良くなっていると思います。

交換前と比べてイグニッションコイルを差し込んだ時に、膨張したシーリングカップが引っ掛からないため

しっかりとカリに引っ掛かっているように感じますね。

 

たまーにあるイグニッションコイルが浮いてきちゃうという事例。

まずは、このシーリングカップを変えてみてもいいかも

 

<新品との比較・原因は?>

比べても大分膨張していたことがわかりました。

 

原因は調べると、まずエンジンの熱による膨張というのもあるそうです。

エンジンのヘッドカバーに付いている箇所なので、影響は大きそうですね。

 

もう一つは、防錆剤などによるゴムの劣化反応(ケミカルアタック)。

これは、化学物質がゴムの内部まで浸透し強度を著しく低下させる働きです

感覚的には、素材が溶解されるようなフニャフニャな状態になる可能性があるようですね

 

シーリングカップ×3個 9234円 1個 3078円 ※2019年5月現在

 

交換時期などは、シーリングカップが膨張してきた段階です。

エンジンルームの水洗い時などに、シーリングカップの状態など気にかけてあげてくださいね

 

SEA-DOOの正規販売店 ネオスポーツ

スズキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)