圧縮がゼロ

冬季メンテナンスの季節がやってきました。

私たち「冬季メンテナンス」で必ず測定するのが、コンプレッションゲージによる圧縮。

シリンダー何の圧縮圧力を測定するのですが、たまに低かったりすることがあります。

こんかは1番が「ゼロ」でした。

早速エンジンを降ろしてみてみることに

浮き上がってます。

コッターが抜けてバルブが落ちたようなのですが

なぜこうなったのか?全く分かりません。

バルブも曲がってしまいました。

バルブには錆もなく固着したような形跡も全くない。

コッターの取り付けが悪かったのか?

シリンダー、ヘッド、ピストン(若干当たり傷あり)は無傷だったのが唯一の救いでした。

冬季メンテナンスはしっかり出しましょうm(__)m


吉見

ネオスポーツの公式LINEが誕生しました!!
LINEではジェット&ボートの新着情報、イベント情報などのお知らせを配信いたします。

スマートフォンでご覧いただいている方は、こちらの友達追加ボタンを押して友達追加をお願いします!!

友だち追加
PCでご覧いただいている方は、こちらのQRコードを読み取り

友達追加をお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)