エンジンの中に水が入っちゃダメ!

ドレンプラグを閉め忘れた!

長時間、水上で船体をひっくり返した!

エンジンを始動しないでフラッシングをした!

 

そうするとエンジンの中に水が入ります。

そうするとエンジンオイルと水が混ざります。

そうするとエンジンオイルが白く乳化します。

 

それがこれだ!

 

こうなるとエンジンオイルの性能がガタ落ちです。

エンジンの中をきれいに洗浄しなければいけません。

 

手間もお金もかかる作業です。

もったいないです。

「修理代が儲かった!」などはこれっぽっちも思いません。

ただ、残念に思うだけです。

 

くれぐれもあなたのジェット大事にしてくださいね。

修理なんか無い方がいいです!

そのためには正しい使い方と正しいメンテナンスが大事ですよ。

 

故障ゼロを目指します!ネオスポーツ