錆びを発見!ポンプケース修理

自分では気づかないけど、他人は気づくことってありますよね。

SEADOOのポンプケースからの異音がソレです。

自分のジェットを始動させた時の音は聞きなれてしまって異音に気づかないことが多くあるようです。

他の人のジェットと比べるとすぐに違いが分かるのですけどね。

 

そんなポンプケースからの異音修理です。

ポンプケースを外してキャップを外すと汚くなってます。

 

インペラを外すと糸くずがでてきました。これがシールを痛めたのか?

 

シール類はひどい状態です。水の侵入を防ぐためにあるシールですが、これでは役目をはたせていません。

 

さらに奥からベアリングを取り出しました。

こちらは錆がでています。ボール部分も錆がみられますね。

 

ベアリングの錆びが異音の原因です。スムーズに回るはずが錆びがあるので抵抗になり音がするのでしょう。

今回は改善されたシールとベアリングの交換だけですみました。

ベアリングの錆が悪化するとベアリングが粉々になることがあります。また、塩害でポンプケースの内部が腐食していることがあります。

そのような状態になってしまうと、ポンプケースの交換がひつようになります。

 

他の人のジェットの音をよく聞いてみてください。

自分のジェットの音は大きくなっていませんか?

 

ジェットの購入はネオスポーツにおまかせ!お問い合わせはこちら

 

サービス担当 こんどう