悩んだ結果、基本だったって修理

修理のお話なんでつまんないかも…

SEA DOOでランヤードキーを差すと、メーターは点いて電源が入るが「ピッピッ」音がしない。スタートボタンを押しても無反応。 そんな修理依頼がきました。

 

 

メーターは点くので電源は入ってるんだろうけど、キーを認識しないのかな?

そうだとすると、「ランヤードキー」「DESSポストポスト」「配線、配線カプラー」「フューズ・メインリレー」「ECM(コンピューター)」 そのどれかが悪いのかな?と判断しました。

 

点検の開始です。

 

「ランヤードキー」

2つあるキーが両方とも同じ反応なので大丈夫かな?2つ同時にキーが壊れることは考えにくいかな?

 

「DESSポスト」

サービスマニュアルの点検方法を試してみます。 すべての点検で異常がない。正常かな?

 

「配線・配線カプラー」

関係する配線・配線カプラーを点検するが、すべて異常なし。

 

「フューズ・メインリレー」

フューズも問題なし、メインリレーは中古艇から正常なリレーを借りたけど治らない。

 

 

「ECM(コンピューター)」

さて、怪しいリストも最後の一つです。

これが原因だとお客さんの負担が大きくなるなぁ…

これも同年式の中古艇からパーツを借りてチェックすることができました。

 

しかし、症状が変わらない、治らない!

 

こうなると軽いパニックです。 全部正常ってどういう事?

しばらく悩んで、もう一回キーを差してみました。

メーターに電源が入る。

 

電源が入る…

 

あれっ!?

燃料ポンプが動いてないぞ?

 

キーを差して電源が入ると、メーターが点いて、燃料ポンプが「ウイィィン」って動くはずなのに…

なぜ?

とりあえず、燃料ポンプに12Vがいっているかみてみましょ。

「6V!!!」

あれ?

バッテリーは 「どうだ12.6V!」

あれ?

 

なぜ??

バッテリーのターミナルは…

ちょっと緩いか?

ちょっと汚くないか?

じゃあ、バッテリーのターミナルと配線をきれいに磨いて、しっかりネジを締めて キーを差すと…

「ピッピッ」

 

スタートボタンを押すと

「キュル」

「ブルブルルンっ」

エンジンかかった!!!

 

前置きが非常に長くなりましたが、言いたいことは

バッテリーと配線が取り付くところは

「きれいにしてしっかり締める」

基本ですよ。

 

この基本にもっと早く気づきたかった… お勉強になりました。

 

毎日、お勉強、ネオスポーツ

 

サービス担当 こんどう