ジェットスキーのオイルクーラー

カワサキのジェットスキーのエンジンにオイルクーラーというものがあるんですね。

オイルフィルターが取り付いているこの四角い部品です。

エンジンオイルは使用中、熱くなるのでここで冷やしてあげるんですね。

オイルフィルターの上についているセンサーは油圧を見張ってくれてますよ。

 

取り外してみましょう。

右上にホースがついています。その下にもホースが取り付くところがあります。 ここが冷却水の出入りするところなんですね。

 

さて、分解してみましょう。

くねくねしてますね。ここはエンジンオイルが通る部屋です。

 

このくねくねの反対側も分解できそうですよ、見てみましょう。

こっち側は冷却水が通るようですね。

海で使用する場合は海水が通るんだ。

 

ちなみにこのジェットはまだ使用時間が20時間程度です。

海で使用しているようです。

うっすらと塩がついてますね。

 

海で使用した後にフラッシングするときは、

このオイルクーラーの冷却水が通る通路もきれいにしてるんだね。

 

エンジンオイルは熱くなりすぎると劣化しちゃうんだって、

だからこのオイルクーラーは目立たないけど大事な役割があるんだね。

 

フラッシングしてる時、オイルクーラーのことをちょっと考えてあげてね。

「オイルクーラーもきれいになあれぇっ」

 

みんな大事!ネオスポーツ

 

 サービス担当 こんどう