YAMAHA注目の250馬力SVHO体験しました!

昨日、兵庫県の西宮でYAMAHA 2014年モデルの発表会に行ってきました。

ニューモデルの注目はもちろんSVHOです。簡単に従来のSHOからの変更点をお伝えしますと、SCの羽根の枚数が増え更に径も大きくなり過給効率が向上。インタークーラーやオイルクーラーは材質等の変更により従来より大幅に性能がアップ。またジェットポンプも新しくリニュアルされています。ライドプレートやスコープゲートも進化し、更に走行時の安定性や水つかみ性が向上しています。そして気になる馬力は210馬力から40馬力アップの250馬力になりました!

 

発表会と同時にFX-C SVHOとFZSの試乗会も開催され、早速SVHOエンジンの実力を体験してきました。

先に乗ったのはYAMAHAのスポーツモデルFZSです。ジェットに乗った瞬間、目に飛び込んできた「SVHO」の文字が入ったタコメーター。カッコイイの一言!肝心の走りはというと、アクセルを握った瞬間に従来とは明らかに違う太いトルクを感じ、一瞬でトップスピードまで出そうな予感!しかし試乗会の当日、海上は白波が立つという辛い状況でフルスロットルは開けれませんでしたが、加速や感じるトルクは従来のSHOとは明らかに違いました。また旋回時は従来よりスムーズに旋回したので、おやっと思ってスポンソンを見ると、FXシリーズと同じスポンソンに変更されていました。

 

 

そして「KING OF CRUISER」 FX-C SVHOの試乗です。ますジェットに乗ってFZSとFXの違いがFXの方が遥かに安定しているという事です。フルサイズボディーのFX-Cは全長がFZSより約20cm長いのが安定の理由ですね。そして、いよいよアクセルを握ります。FXもFZSと同様に太いトルクを感じ加速力も増しています。しかしながら、加速力はやはりスポーツモデルのFZSには劣りました。FXーCの実力を発揮したのは走行中でした。白波の立つ荒れた海面でも水しぶきが掛かりにくいのと、お客様からの評判も高い独立型のクルーザーシートが腰をしっかりとホールドしてくれるので、安定した操船が可能でした。

どちらのモデルも、あくまで僕の感想ですので伝わりにくい箇所もあると思います。気になる点は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

ネオスポーツTEL 0564-56-0022

 

YAMAHAのジェットもお任せ下さい!ネオスポーツ

 

はっとり