ボートトレーラハブベアリング交換

今回は「ソレックス社製ボートトレーラ」の修理です(゜_゜>)

ベアリンググリスが乳化していたので「まさかっ!?」と思いましたが・・・。

P3060085

やはり錆びてました(>_<)

ベアリングが当たる面は?

 

P3060083

面がザラザラしてましたのでこちらも交換です。

 

P3060092

こんな感じで引っ張り出します(#^.^#)

 

P3060091

出てきました\(^o^)/

 

P3090094

新品と比べても輝きが違います!

今度は新品をプレスで圧入します(#^.^#)

 

P3090095

P3090096

シール側のベアリングが左右とも錆びていました(>_<)

シールからグリスが飛び出しているようだと要注意です!

 

P3090097当然ハブはシャシーブラックで塗装したので新品みたいになりました\(^o^)/

トレーラを水辺に浸けてしまうことが多い人は年一でハブベアリング&シール&グリスの点検交換をお勧めいたします<m(__)m>

少しでも「不安だなぁ~。」という方はネオスポーツスタッフへお気軽にお尋ねくださいm(__)m

走行中にベアリングがバラバラになってしまうと大変なことになってしまいます。

日々の点検整備が必要です(#^.^#)

 

IMG_8298

ジーコ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)