SEA-DOO艇 RXT エンジンオイル漏れ


SEA-DOO艇 RXT 2006年

症状


・走行後、エンジンルームを見るとエンジンオイルが漏れていた。

 


検証:漏れはベアリングから??

早速検証動画で見ていきます☟


早速、気になる箇所があるので検証してみたいと思います☟

その部品はSCの真下付近にある、〇印付近のドライブシャフトが通っているベアリングです。

では検証動画をご覧ください☟

 
エンジンオイル漏れが確認できた、この部品は

ベアリングwithベロー(名称)と言います☟

漏れの原因としてはおそらく

0リングなどゴム素材を使用しているので、ゴムパッキンの亀裂・劣化か、クランプの緩み・破損など

あとは衝撃などで、ベアリングの損傷なども考えられるかと思います。

 
とりあえずこのベアリング部品は
ベローやOリング含めたアッセンブリ部品なので丸ごと交換ですね。
 


結果:ベアリングwithベロー交換


43.ベアリングwithベロー ¥24,640

45.クランプ ¥1,078

ネオネットマリン純正部品 ※税込/2020年現在

特に過給機モデルでは

スーパーチャージャーの真下になるので、ベアリング部からの漏れには気づきにくいのが難点ですね、、
 

特に年式の経過しているジェットで、

たまにこの部品からの、オイル漏れの症状を発見することがあります(経験上)
 
オイル漏れは早期発見が重要です。
定期的にオイルレベルの点検と、船内のビルジの確認・清掃を欠かさず行うようにしましょう。