どうなる?ハイオク専用にレギュラーを入れたら・・!?

こんにちはサービスの鈴木です。

 

折角こういった仕事をしているので、ジェットに関する疑問を私の個人的意見を含めて答えていきたいと思います✌

 

今回お話ししたいのはズバリ…

『ハイオク専用艇にレギュラーガソリンを入れたらどうなるのか?』

 

というお題を、ガソリンスタンドで愛車を給油中に思いついたので、とりあえずスタンドのお兄さんに無茶ぶりで聞いてみました。。

 

『オクタン価が違うから危険ですね、でも実際最近の車なら走っちゃいますヨ!』

 

う~ん、試した事はありませんが、実際のところこれが真実なようですね。。

ただオクタン価が違うと何で危険かってところを調べておきたいですね。。

 

私のような勉強嫌いは、『燃えにくさが違う!』『ハイオクよりレギュラーのが燃える』で通じてきましたが、一度しっかりオクタン価について、おさらいしてみますと・・・(辞書参考)

 

オクタン価・・・ガソリンエンジン燃料のアンチノック性を示す。      

ハイオクガソリンは96以上、またレギュラーガソリンは89以上と規定してある。

ガソリン成分中で耐ノック性が比較的高いイソオクタン、トリメチルペ・・・以下省略(諦め)

 

重要なのは、オクタン価=アンチノック性という言葉ですね

 

アンチ(否定・反する)ノック(ノッキング)

アンチノック性の高いハイオクのが、レギュラーに比べノッキング(異常燃焼)しにくい性質があります。

 

 

ハイオク専用エンジンの燃焼室だと考えてください。

通常、燃焼室内にガソリンと空気との混合気が送り込まれ、ピストンで圧縮。

赤丸のプラグの火花が火種となり爆発します。

レシプロエンジンの基本の形ですね。

 

ノッキングというのは、プラグの火種ではなく、それと別の場所で混合気の爆発が起こってしまう現象です。

 

プラグの火種と別の個所で発生した火種、単純計算で2倍の爆発速度となってしまうみたいですね

その時発生した、衝撃波がエンジン内壁面に衝突することで『キンキンッ』と金属をハンマーで叩いたような音が発生します。←この様子がノッキングの由来だそうですが・・・

 

オクタン価が低いレギュラーだと、高圧縮時の熱に耐えることことが出来ず自己着火してしまうのではないでしょうか?

 

エンジン破損もありうる不具合ではあるのですが、最初のスタンドのお兄さんの言葉、『実際走れちゃう』となっているのが、また難しい話です・・

 

おそらく車の車種(性能)によって違う結果になることが想像できますが、ジェットの場合はどうでしょう・・??

 

実際に試したわけではありませんが、あるメーカーの方のお話だと、走ることは可能かもしれないが長く使い続けるとエンジン不調の原因になってくる!との回答も(どのくらいの長さはわかりませんが・・)

 

またパワーダウンや燃費の悪化なども挙げられるみたいです。

 

つまり、、

ハイオク艇にレギュラーを入れると、エンジンは掛かって走れるかもしれないが、その後のエンジントラブル(異常燃焼)を引き起こす可能性があるので止めたほうがいい!!

 

その為、ハイオク専用ならハイオク入れましょう!!

入れ間違えのないようにお気を付けください