秋にジェット購入するのは損か得か?

もう9月の中旬、今からジェットを買っても乗れないし、来年のニューモデルが気になるし、型落ちになるモデルがもっと安くなるかも、ジェットという気分でも無くなってきたし、秋から冬にかけてそう考える方は多いですね。今買った方が得なのか、待った方が得なのか、どちらが良いでしょうか?

秋にジェット購入するのは損か得か?

多くの方は下記のようなデメリットを感じていると思います。

①新艇を登録しても乗らないからメーカー保証が早く切れる

②今年に買うよりも来年買った方が将来売る時に買取価格が高い

③型落ちになるモデルがもっと安くなるかも

④ニューモデルを見てないから後悔するかも

 

①新艇を登録しても乗らないからメーカー保証が早く切れる

あなたのシーズンは何月から何月でしょうか? 多くの人達は5月ゴールデンウィークにシーズンインして10月にシーズンオフになるでしょう。メーカー保証は登録日から1年間です。この秋の10月にジェットを購入したら来年の10月までメーカー保証はあります。4月にジェット購入し登録した場合、来年の4月までメーカー保証がありますがシーズン終了が10月なら来年シーズンインの5月にはメーカー保証は終了しています。10月に買っても4月に買っても同じなんですね。

②今年に買うよりも来年買った方が将来売る時に買取価格が下がる

ショップによって違いがあるかもしれませんが多くは基準モデル年式です。2017年モデルを2018年に買っても買取価格は同じということですね。

③型落ちになるモデルがもっと安くなるかも

既にもうこれ以上の値下げは無理なモデルも出てきています。更なる値下げを期待して待ち続けるとそのうちに完売してしまう可能性があります。ショップの事情、メーカーの在庫処分により更なる値下げはあるかもしれませんが大幅な値下げは無理でしょう。もしゴールデンウィーク過ぎても型落ちが残っていたら利益を捨ててでも値下はあるかもしれまでんが過去には大体5月には型落ちモデルが無くなっています。

④ニューモデルを見てから

既に2メーカーが2018年モデルを海外で発表しました。2018年モデルはカラーチェンジや継続カラーだけで目新しいモデルは無さそうですね。中にはえっ?残念・・あの人気モデルがこんなカラー? なんて声も出ています。ニューモデルは入荷が遅れたりすることも多々ありますのでゴールデンウィークに間に合わないこともあると思います。型落ちよりもニューモデルは当然値段が高い、またニューモデルの定価は高くなることはあっても安くなることは無い。シードゥーの発表がまだですがアメリカ時間の9月20日にニューモデルが発表されますのでそれを見てからどうするか判断されても良いと思います。

 

この3モデルは今年の秋から冬に買っておきたい!!

カワサキ ULTRA310R

写真は2017年モデルULTRA310R。カワサキの人気はやはり伝統のライムグリーンですが2018年はフロントハッチカバーとミラーがホワイトに変更さてしまいます。ULTRA310Rは残り在庫が極少のためこの秋に無くなるでしょう。ULTRA310Rの在庫一掃セールはこちら

カワサキ ULTRA310X-SE

写真は2017年モデルULTRA310X-SE。レッドらいしレッドは今年限り、2018年は2016年モデル同様のオレンジレッドに変更されます。残り在庫が少ないですが売れ行き次第で年内か年明け早々に無くなるかもしれないと予想しています。近日在庫一掃セールを行います。

ヤマハ FXクルーザーSVHOレッド

写真は2017年モデルFXクルーザーSVHOです。ヤマハフラッグシップモデルの2018年モデルはブルーとカーボンブラックです。今年はレッドが先行して売れたことを考えるとレッド好きはかなり多いと考えます。最上級モデルでレッドをと検討される方は2017年モデルを手に入れましょう。ネオスポーツ在庫はあと3艇、メーカー在庫も残り僅か、年内にはメーカー完売するでしょう。FXクルーザーSVHOの在庫一掃セールはこちら

ジェット購入を来年とお考えの方、是非参考にしていただき得になる良い買い物をしてくださいね。

その他のモデルの在庫一掃セールは下記画像をクリック

 

林戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)