そんなところにオイルが・・!?恐ろしい影響も

現在実施中の冬期メンテナンスですが、
点検中気になった箇所がありましたのでご紹介します。

 

SEA-DOO艇のイグニッションコイル、これを取外すと先端にオイルがベットリ付着しています。

プラグホールの中にエンジンオイルが混入しているようです。

 

これの原因としては、プラグホールの筒状の部品プラグパイプについているパッキンの劣化だと思われます。

プラグパイプ1本 約4000円

 

ちなみにプラグホールにオイルが混入してしまったらどう影響するのでしょう・・

 

プラグの固着防止になっていいんじゃない?とか思っちゃいますが、
体験したお客様によると走行中イグニッションコイルが押されて浮き上がってしまったという報告も出ています・・

 

これは冬期メンテナンスなどのついでに、交換しときましょう!