まさにNO1 スカラブ255HOインパルス

存在感、高級感溢れる内装、使い勝手、ハイパワー600馬力、まさにNO1

スカラブ255HOインパルスは史上最高のジェットボートと言えるでしょう。

存在感

25フィート(全長:7.62 m)のロングボディーはジェットボート最長です。
ご覧ください、この迫力の存在感、船体デザインとグラフィックを。

 

ガンネルライン(モール)はリヤにいくとフォークのように下がっています。これぞジェットボートとしての特長あるデザインです。

ちなみにライバルと言われるヤマハジェットボート242 Limited S-Seriesはこちらです。

高級感溢れる内装

ブラウンカラーを使用し高級感溢れる内装に仕上がっています。なかなかオシャレで高級だと思いませんか?
どんなボートでも劣化による色落ちやひび割れなど心配はありますがスカラブ255HOインパルスはかなり耐久力があります。

ヤマハジェットボート242 Limited S-Seriesの内装はこちらです。

使い勝手

運転席と助手席はデザイン製の良いバケットシートです。スポーツ走行にしっかりと対応してます。

運転席・助手席の後ろは真後ろに向きの座席、最後部の座席は前向きです。

ちなみにヤマハ242Limited S-Seriesのシートレイアウトはコの字形になってます。
人それぞれ好みはあると思いますが私は横向きに座るのは嫌ですね。スピード出して乗る時、旋回する時、横にすべってしまうのでいつも乗船姿勢に苦労します。

スカラブ255HOインパルスはその辺りを工夫していると思えます。

フラットなプラットフォームはとても使い勝手が良いです。

奥行きが1m弱のフラットなスペースはウェイクボードなどトーイング遊びをするとき、釣りをするときにとても便利です。

エンジンが2基ですがアクセルレバーは1つです。
ヤマハジェットボートはそれぞれのエンジンに対してレバーがあるので2つのレバーで操作します。

アクセルレバーは1つか良いか2つが良いかに関しては賛否両論があると思います。私は1つで良いのではと思いますがこれは個人意見です。1つの方が楽です。

次の写真の赤い丸はアクセルレバーを使うときに腕か肘をかける場所が作ってあります。一般的なボートはそんな場所はありません。
長時間運転にはとても楽なのです。

スカラブは居住スペースが深く作ってあります。落水防止にもなりますよ。お子様が乗っている時は安心できます。

走行中のエンジン音はとても静かです。その秘密はエンジンハッチの防音材にあります。
エンジンハッチに防音材が貼ってあります。他のボートは厚みが2cmくらいですがスカラブは厚みが4cmもあります。これによってエンジン音の防音力が増しています。
加速中でも会話が出来ます。スカラブ255HOインパルスは本当に静かですよ。

ハイパワー600馬力

エンジンはシードゥー最新の300馬力エンジンと同じものが2基搭載されています。2つ合わせて600馬力!
同クラスではダントツのパワーを搭載しています。よくある旋回時のパワー不足もなくとてもレスポンスの良いアクセリングが可能です。
迫力な走り、爽快な走りを楽しめます。

このクラスのボートなら史上最高のジェットボート スカラブ255HOインパルスが一番オススメです。

価格など更に詳しい情報はこちら

 

スカラブ正規ディーラー:ネオスポーツ

林戸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)