カワサキ STX-15F エンジンオーバーヒート

カワサキ「STX-15F」でエンジンがオーバーヒートするとなると

年式にもよりますが、冷却ホース取り付け部が折れて冷却水が行かなくなる

でもそうなるとエンジンルームに大量の水が溜まり発見しやすい。

今回は、エンジンルームに水は溜まってない。

となるとどこかで詰まってしまっているとなる。

でここだろうと取り外したところが、

シリンダーからの捨て水が入るフィッティング

このフィッティングはエンジン温度を一定に保つために穴径が小さくなっている。

だからしっかりフラッシングをしないと、塩害で目詰まりしやすい場所なんです。

とくにシーズンオフ前はしっかりフラッシング。

ソルトアウエイを使うとより効果的!

穴を元通りにして取り付け完了!


吉見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)